イメージしよう。結婚に至るまでのプロセスを

結婚の障害になりそうなことは事前に解決しておく

付き合いがそれなりに長い、あるいはフィーリングがとても合って、これ以上、自分にぴったりな彼女が現れるとは到底考えられないという場合、男性は結婚を考えることになるでしょう。そして、彼女の誕生日だったり、二人での旅行など、特別な日に合わせてプロポーズを行うというのがよくある流れということになりますが、プロポーズを行う前に結婚に至るまでのプロセスをきちんとシミュレーションしておいた方が、後々、困らずに済みます。
というのは、自分と彼女を取り囲む状況を一切無視してプロポーズを行うと、諸問題の解決に手間取り、結局、婚約破棄になってしまうことも十分あり得るからです。結婚するのに障害になりそうな問題があったら、プロポーズの前に解決しておくべきです。

もめると婚約解消につながりかねない両親との関係性

では、結婚に至るプロセスの中でどんなことが問題になりやすいといえるでしょうか。まず挙げられるのが両親との関係性です。両親とトラブルを起こした場合、最終的に結婚に至らない可能性がかなり高くなるので注意しなければなりません。日頃、まったく格式張ったところのない親であっても、結婚相手だと紹介された人間に対してはまったく違う反応を見せることは少なくないので、彼女ときちんと打ち合わせをしておくべきでしょう。
プロポーズ後に女性が仕事をどうするのかというのも、二人の意思がかみ合っていないとトラブルに元になるので、プロポーズ以前に二人でイメージしておきたいことです。
また、当然ですが、両家の顔合わせをいつにするのか、どこでやるのかというのも、慎重に話し合っておきましょう。